社長メッセージ

前浜から、あしたの食生活を支える

私たちは明治年間より、ここ波崎で水産加工業を営んでまいりました。

黒潮と親潮、ふたつの海流がぶつかる沖合は、イワシ、サバ、サンマ、アジ...、そこは数多くの魚が獲れる豊饒の海。

でも海は良い顔ばかり見せてくれるわけではありません。魚を連れてきてくれなかったり、大荒れに荒れて人間を寄せつけないこともあります。

海と気まぐれな魚たちを相手にするためには、さまざまな工夫が必要でした。

波崎、銚子の前浜をはじめとした各地の漁港に水揚げされた魚を、いかに新鮮なまま加工するか、そして冷凍冷蔵の技術、保管・輸送のシステム向上。

おかげさまで、みうらやが提供する水産加工品は、皆さまから高い評価を受けるに至っています。

水産物をめぐる国内外の状況が大きく変化しているなか、かたちはさまざまでも食生活を支える役割は強まっていると認識しております。

海の恵みがいつまでも身近に安全に届くように、地域とともに知恵を絞り、貢献していきたいと思います。

海を相手にする胆力、前浜の漁業を大切にする情熱、水産加工技術をより洗練させる進取の精神、そして何よりも海と魚を愛する心、それらを忘れることなく今後も精進してまいります。

ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

写真
代表取締役社長
三浦 敏克
写真
取締役会長
三浦 傳七