沿革

明治年間 地元にて水産加工業を家業として営む
大正15年(1926) 先代三浦傳七、家業魚製造業を受け継ぎ、竹輪製造業を手がける
昭和6年(1931) 魚肥、煮イワシ、丸干イワシを生産の主力とする
14年(1939) 宮城県仙台(塩釜港)に魚肥製造工場建設
21年(1946) 魚加工の他に、サツマイモ澱粉の製造を開始、清涼飲料水の製造販売、商事部としてアイスクリームの卸業務等を開始
写真サツマイモ澱粉の製造


写真大潮票(手子后神社)の一場面。
利根川河畔の現東地区の辺りを練り歩く。
中央は先代三浦傳七。昭和30年頃
39年(1964) 先代傳七の後を継ぎ、現会長が二代目傳七を襲名、五代目当主となる
写真昭和30年頃活躍したオート三輪
40年(1965) 水産加工用の本格的な冷凍冷蔵庫の建設
写真昭和40年頃の荷捌き風景。
左は現会長二代目三浦傳七
写真昭和40年頃
当時販売していた清涼飲料水とともに
(現社長 三浦敏克)
48年(1973) 冷凍冷蔵庫増設
54年(1979) 冷凍冷蔵庫増設
58年(1983) 冷凍冷蔵庫増設
平成元年(1989) 株式会社 みうらや 設立
9年(1997) 加工用クリーンルーム建設
10年(1998) 対米輸出用HACCP認定工場となる
11年(1999) 本格的に加工食品生産ラインの構築に取り組む
12年(2000) 社団法人氷温協会に入会
18年(2006) 冷凍庫および急速凍結庫増設
20年(2008) 本社社屋新築
22年(2010) 宝山流通センター開設
新加工調理室増設
急速凍結庫増設
24年(2012) 前社長三浦傳七、黄綬褒章受章
宝山流通センターに冷凍コンテナ対応のプラットフォーム新設
写真三浦傳七、黄綬褒章受章・褒章伝達式にて
25年(2013) 三浦敏克が代表取締役に就任、六代目当主となる
27年(2015) 自然冷媒を使った急速冷凍装置を増設、生産量が増大
輸出量増大に対応し、省力化されたケースローディングラインを新設